--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/01/04

西日

夕日に照らされる中
家路を急ぐ人々の流れを割って
高いヒールでうずくまっていたあの人は

シラフで生きていけるかよって
駅前で泣き叫んで

酒でも買って渡してやったら良かったのか
それとも救急車でも呼んでやったら良かったのか
あるいは終わらせてやることが優しさだったのか

きっとあの人が欲しかったのは
その涙を拭ってくれる大事な人の手で

通り過ぎる僕らは皆ただの風景で
邪魔でしかなかったのかもしれないし
あるいは誰でも良かったのかもしれないけれど

風景としてはとても美しかったので
それだけを僕は覚えてる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。