FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/11/19

理解は要らぬが天啓は欲しい

前提として理解されることがなくとも、
個人が愛し尊重し大切にするものは誰しもあるもので、
それを理解し、尊重し、研鑽していける友がいようがいまいが、
それはどうでも良い話で、
社会的に異端であったとしても、それを個人が抱えているのであれば、
そこを否定して幸福になれる個人など居るはずもない。

付き合い長い人も短い人も、知っている人も知らない人も、
ザクラさんはキーボードを愛しているので、
それにぶち込んだ額に関しては「そろそろEIZOのモニター買えそうだn」と考えだしても何にもならないので忘れることにしていますが、
一体どれが最強のキーボードなのか。

人は言う。「東プレこそ至宝である」と。
人は言う。「HHKBの英字配列こそ最高である」と。
人は言う。
「ただ打てればいいものにそんなお金を払う意味がわからない」と。

まあぶっちゃけ拘らないで済むのなら拘らない方が幸せなのではないかなと思わないこともないので。
いやだってほら、面倒臭いじゃん。
俺はそんな俺をめんどくせえと思ってる。
何故会社支給のどうでも良いキーボードで満足できないのだ。

HHKBの配列が好きなので、ここ最近はずっとこれを使っていますが、
Happy Hacking Keyboard
少ないキーで全てにアクセスできるという利点と、 ControlがAの横にあのが特徴の配列が売りのHHKB。
こちらの打鍵感はピアノのようで堪らんのです。
オフィシャルのあおり文もカッコイイ。
下記引用
アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。
馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。
いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。
【東京大学 名誉教授 和田英一】
フフッてなりますね。

引用ではキーボードはインターフェースだと言うけれど、
キーボードは武器だと思う。
情報過多なこの時代に、己を叩きつける為の武器の一つであると思う。

フリック入力や音声入力がどれだけ反映したとしても、
僕はキーボードで文章を打っていたい。

HHKBは小さいので、持ち運びはさしたる苦ではありませんし、もし持ち運ぶのであれば、専用の鞄もありますんで、そこは心配無用。
というか専用の鞄があるって事がそもそも、どういうことだ。
Amazonになくてもオフィシャルからも買えるから大丈夫。

何ならBluetooth対応もこの間出たよ。

iPhoneもタブレットもこれでHHKBで打てるよという夢のアイテム。
だけど僕はまだ無線が信用出来ないの。
結局有線で繋ぐ未来しか見えないし、そもそも外で作業しないしな。
カフェとかでヤッてみたりしたけれど、アレ俺集中できねえ。
自宅でじめじめとやっている方が性に合う。

ただ、最大のデメリットはHHKBを使う人間はHHKBしか使えなくなるという、呪いのようなそれ。
いや便利なのよ、そんでもってこの配列ってば、スタンダード配列とめっちゃ違うし、FNとの組み合わせで全てにアクセスしようとしているから、そもそも指につく癖という名の脳内プロファイルが通常版キーボードとメッチャくい違う。
ものそいタイプミスする。
HHKBの感覚で通常配列だを行くとWindowsボタンを連打してはスタートアップ画面をびよんびよんと出し、Escの代わりに半角/全角を連打し入力をただ切り替え、CapsLockを連打し顔を覆うのだ。

でも考えるんだ。
Microsoftがその経験と予測からたどり着いたキーボードの配列にもきっと意味があるはずだと。
そう考えると逆にHHKBの配列が人間工学に反している可能性すらあるのではないかと。
キーボードの左下にあるControlを小指で押していると小指が釣るので、その対策として、小指の付け根辺りの掌で押すという技を身に着けている身としてはそちらもそちらでイケるのではないかと思うのだ。
HHKBよりスタンダードの方が付き合い長いしな。
タイピング覚えるのに使ったのPCじゃなくて富士通のワープロだったから、その辺りよく覚えてないけど。だから多分富士通と相性はいいのだと思うけど。
タイピングにより文字が打てる。その事実に当時の俺はとても感動したのだ。
書くよりずっと速いし、今になるまでこれほど役に立つとは全く考えていなかったけれど。
速く打ちたいというよりは、頭で考えている速度で打てればそれでいいので、頭の回転が速くならないなら、これ以上は速度を求めることはないだろうけども。
タイピング検定の特級の合格範囲に届かないんだけど、どのくらいの速さと正確性が求められているのだろうなあ。
取り敢えず速さを求めるのであれば、もっと文節を長くして変換する癖をつけたいね。
変換の文節が短すぎるんだよなあっていうのと、打ち間違えをbackspace連打による速さでごまかしているのが欠点であるよなあ、と思うけれど、別に速さに挑むこともないな。

HHKBは愛せる人にしか愛せないキーボード。
故に、オプションも各種あるのでその辺りは手厚く、且つ、交換用キートップもあるのと、そもそも中々食われないので末永く使う事を考えれば、この程度の金額はすぐに元が取れる範囲だと思う。
そもそもHHKB Pro JP2 は何年使ってるんだろう。2・3年くらいだろうか、もっとだろうか、取り敢えずまだ壊れていないので、もう元取ったと思うし、まだイケる。
ただHHKB Pro JPに難点があるとすれば、配列はメンブレンの方のが合理的だと思う。
右スペースがカーソルによって1キー分小さくなっているのだ。
それは地味に来るのは俺がシフトを取り敢えずどちらで押すかというと右で押す癖があるからなので、左のシフトも使うように脳内プロファイルを書き換えて行けば良いと思うけど、配列はメンブレンタイプの方が良いような気がするなあ。
メンブレンタイプの配列で、スイッチが静電容量無接点なら何か凄い良さそうな気がするんだけどなあ。
後FILCOのMINILAみたく左にカーソルがあってもいいと思うなあ。

HHKB殺しと呼ばれたFILCO MINILA.
その実どうなのだろうか。正直使っている人を見かけたことがない。
親指FNキーというのはいい考えだと思うし、
FILCOのキーボードは武器か防具になりそうなほどの硬性と重量を感じる。
多分人殺せる。殺れる。角で。
ミニラは黒軸と茶軸を買ったけど、黒軸は重すぎて、茶軸は軽すぎてという教訓のみを得て終了。
メカニカルはやっぱり青軸か白軸が好きだなあ。
赤軸も嫌いではないけども、どうせメカニカルならスイッチ感がある方が好きだなあ。
業務用に緑スイッチってのがあるようなんだけど、どうなんだろうね?
触ったことないや。

各種スイッチの説明はTUKUMOのサイトが物凄い愛に溢れているので、興味のある方はどうぞ。

HHKBに難点があるとすれば、Home PageUp End何かのキーがFNとの組み合わせになるから、文章編集をする人にはこの辺慣れないと腹立つかもしれない。
まあ、そもプログラマー向けの色合いが強いから仕方ないのかな。これだとプログラムや長文が早く書けるということはそもそもないと思うし、それは慣れの話であって、これに慣れると、他のキーボードでの戦闘力が著しく低下するというデメリットがある。
なので、それでいいのだろうかという疑問が湧いてくる。
どのような状況であろうとも最高のパフォーマンスを提供できてこそプロフェッショナルなのではないのか、と。
金は貰うけどね。報酬に対して相応しい仕事をしたいと思う。
まあ、それはさておき、そうなると世の中を占めるキーボードの配列はよくある日本108キーあたりの、誰しも知っている配列のアレになるわけで、それだと遅くなるっていうのがデメリットだけど、
CAPSって何なん?
なんであんなアクセスし易い場所にそうそうアクセスしないキーがあんの?
使う?ねえそんなに使う?そんなに使われているのCAPS。
英字大文字で打つ時は俺シフトと合わせて押しちゃうから、本当にとことん押さないんだけど、それは俺だけなの?
何であいつそこに居るんだ…。
しかもシフトと同時押ししないと発動しねえし。
という二つの思いを両立させてくれそうなのが東プレから出てたんで買ったんだけど、超無難。
すごく無難。もっと遊んでくれても良い。
コヤツはね、背面のスイッチでキーボードを入れ替えれるんですよ。
Espと半角/全角、ControlとCAPSを交換できるし、交換した際のキーキャップもついている。
静電容量無接点方式スイッチは東プレの特許なので、HHKBはOEMになるのだよね。
構造は同じ。なので打鍵感もとても近い。
やっぱ微妙に違う気はするけれど。東プレもとてもいいキーボードです。風呂蓋も東プレで買う。
通常配列だから、HHKBと違って入りやすいしね。
HHKBも背面DIPスイッチでControlとCAPS交換できたりするけどもね。交換用キートップはついていないから、何か無刻印のキーキャップでも買って嵌まるの嵌めたらいいのかなあ。無刻印トップの日本語配列用ってないんだよね。

しかし東プレも良いよ。
通常配列だし、もうちょっと遊んでくれてもいいのにと思ったりもするけれど、ザ・鉄板。
良いキーボードが欲しくて、失敗したくないのなら東プレ1択で良いと思う。
可変重という押す指に合わせてキーの重さを変えているタイプ(小指で押すキーは軽くしてある)と全てのキーが同じ重さのものとある。
↑はALL45g。軽くもないし重くもないし、といった処。しっとりとした打鍵感。指に吸い付く感じは堪らんものがある。
55gと30gもあるんだけど、そこは人それぞれ。
手首に何かある人は30gがいいだろうし、55gだと多分手首が死ぬ。
ただスイッチの違いが気になるのなら、ALL45gでいいと思う。
30gは思ったよりずっと軽いんだろうなと予想しているんだけど、どうなのか。

東プレは何も新しことがないところが最大の魅力だと思うし、
HHKBは新たな発見があるところが最大の魅力だと思う。

 通常配列でそこだけ変えたいって言うとなると、アーキスがメカニカルで出してたりもする。

これは青軸。ガチャガチャ煩い、ザ・メカニカルキーボードって感じ。
各色軸が出ているけれども、どうも最近ピンク軸という静音スイッチが出たようなので、もしそれがアーキスから出たなら、ちょっと、とても気になる。
ピンク軸はFILCOから出てるんだよねー。YouTubeにもそんなにまだ出てないから、どのくらいの打鍵音と感覚なのかわからないけれど、静音化となると打鍵感が変わってしまうは世の常なので、そこはそれ。

HHKB Professional JP Type-S 白 は静音タイプで、キーストロークがPROより0.2mm短い、3.8mm。
PROより断然静かで軽い。でもそれが物足りないという気がしてしまうのも人の性。
会社とかで使うならこちらだと思う。
メカニカルはオフィスには向くまい…という気持ちで会社ではこれ使ってる。
横に東プレのテンキー置いてるけど、そっちは別に静音仕様でないけど、別段何も言われていないから、気にしすぎなのかもしれないけれども。
長文を打つ時はこっちのが疲労感少ないので、指への負担は少ないんだと思う。
通常版がカチャカチャとするならば、こちらはスコンスコン、というイメージ。
スコココココココココ!って感じ。
楽ちんだけど、何かこう、物足りなさも感じてしまう人の欲深さよ。
0.2ストロークが浅くなっただけだと思うが、手応えを感じないくらいに打鍵感はとても軽い。
長時間、長文を戦うのであればこれが一番戦える武器だと思う。


ただ白しかないんだよね。
白も好きだけど、黒もカッコイイと思うんだけどな。
墨バージョン出ないかなってずっと言ってるけど出ない。

でもHHKBの本領を発揮しているのは、英字モデルな気がするんだ。

憧れの無刻印。
いつか行ってみたいと想いながら、そこまで行く必要もないかなと思う。
日本語配列用のキートップの無刻印版出ないかな。

テンキーって邪魔だけどあると便利なので、東プレから出ているのもあるよ。

理想はテンキー並の入力速度でキーボードで入力できれば、要らないんだけどなあ、テンキー。
Excelとか電卓使う時は便利なんだよね、テンキー。
使わない時は邪魔なんだけど。

別付けのテンキーは大体、配列がフルキーボードの右側についているのと違うんだけど、
なんで配列違うんだろうね?
フルキーボードの右にあるやつと同じ配列でいいにね。
1キーずれるだけでもタイプミスするのにね。
でも最近00は00でもいいかなと思うよ。=が1キーで打てるのは悪くないと思うよ?
手癖でキーボードの方で押すけども。
そこが気になり、同じ配列を探すならアーキスから出ているよ。


CHERRY MX青軸から茶軸、赤軸、黒軸までのラインナップ。
個人的に好きなのは青軸だけれども、悩んだなら茶軸か赤軸が無難だと思う。
茶軸は「カチッ」とスイッチ感があって、赤軸はないよ。
黒軸は結構重い。ハードパンチャー向け。

画像を適度に貼りたくてアフィったけど、ここから何か入れば多分俺はまた違うキーボードを買う。
未だ出会っていない最高の相棒がいる筈だと思ってしまう自分が面倒くさい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。