FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/21

深呼吸

少し顎を引いて
別に何を思うわけでもなく
眼を閉じたら

薄く開けた唇の間から
煙ではなく空気を吸う

そして、細く細く、消えてしまえそうなくらいに静かに吐く

だからそれが何になるとは思わない
その行為で例えば何か毒素が抜けるとか、そういうのは信じない

俺の中にあるものは
善も悪も不も何も

流れ出さずに底にあれば良いと思う
そういったものを抱えたまま、どこまで行けるか試している最中

内臓の脈動を感じることがあるだろうか
自らの意志を持たずして、その意志を孕んだ肉を活かす器官の存在を

そんな気分で息を吐く
吸って吐く

それだけのことを生きていると呼んで、感じることが出来たなら

世界はどれだけリアルに思えるのだろう
時折全てがただの宛書のように思える時に深呼吸

無意識のリズムを意識的に見だしたなら
そこに覚えるのはただの息苦しさだけで

微かな苦痛に僅かな不安

そういったもの無しに生きていると思えるのなら
世界はどれだけ美しく見えるのだろう

美しさだけで出来た世界に立ったなら
生命を宿せない純粋過ぎる酸性の海で朽ちるように

きっと不純物たる俺は溶けて消えてしまうのだ
その苦痛に思いを馳せて眼を閉じる

安らかな眠りとは言えずとも
その妄執に喩えようのない憧憬を覚えるから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。